佐藤将之プロフィール

佐藤 将之

2000年11月1日、Amazon.comの日本版サイト「Amazon.co.jp」は書籍ECサイトとして公開されました。現在、世界一のECサイトとして、私たちの生活に欠かせないサービスです。また、ECだけに留まらず、音楽、映像、ゲーム、決済やAWSに代表されるクラウドサービスなど多岐に渡るサービスを提供しています。Amazonは21世紀に生きる私たちのライフスタイルを変えたと言っても過言ではありません。佐藤将之はアマゾンジャパンの立ち上げメンバーとして、2000年に入社し、書籍調達部門の責任者、サプライチェーンマネージメント、および物流網の整備など、日本法人の土台を築き上げました。拡大期にはFulfillment Centerと呼ばれる全国の物流拠点の立ち上げや地域統括として活躍。柔らかい笑顔と、ときに見せる真摯な眼差しはジェフ・ベゾス率いる世界企業Amazonで切磋琢磨してきたことが容易に想像できる。

佐藤 将之 さとう まさゆき

アマゾン ジャパン立ち上げメンバー
元Fulfillment Center Sr. Operation Manager/GM/Directors
エバーグローイングパートナーズ株式会社 代表取締役
事業成長支援アドバイザー

佐藤 将之

驚異的な成長を続けるアマゾン、その原動力となっているのは真の顧客第一主義です。お客様の立場に立って事業を見直し、お客様の目線で事業の再構築を行っていく事が成長の一番の近道です。その実現を支えるのが人材と仕組み作りにあるとアマゾンは考えます。全ての社員がリーダーたるべきという思想に基づいたリーダーシップ理念をベースに、優秀な人材を採用・育成し、また仕組みづくりにより事業を成長させることが大切であるということを創業者ジェフ・ベゾスは'Good intention doesn't work, only mechanism works' という言葉に込めています。その全てをお伝えするのが私の使命だと考えています。ベゾスの目指す本当のお客様中心の世界を目指して共に成長しましょう。

佐藤将之
佐藤将之はどなたでも参加できる一般公開セミナーを実施しています。
詳しくはこちら

紹介動画

経歴

1969年
東京都生まれ
1993年
米国 ウェストバージニア州立大学卒 経済学部経済学専攻
1994年
セガ・エンタープライゼス(現セガホールディングス)入社
生産管理部門にて家庭用ゲーム機のハードウェア、ソフトウェアの生産管理業務に従事
1999年
Sega of America, Inc.へ出向
家庭用ゲーム機(ドリームキャスト)の新規市場投入のプロジェクトに従事
2000年
アマゾンジャパン入社
サプライチェーン部門にてサイト立ち上げのための調達システムの立ち上げ、および物流設計を行う。
2003年
アマゾンジャパンリテール部門 書籍調達部門の責任者に就任
在庫確保、在庫の最適化、および調達物流の再構築を行う。
2005年
Fulfillment Center(以下 “FC” ) のSr. Operation Manager/GM/Directorsに就任
倉庫運営、および物流ネットワークの構築を行う。
主な職責としては市川FC 入荷部門責任者、八千代FC(千葉県八千代市、3万平米)立ち上げプロジェクトリーダーおよびサイト責任者、堺FC(大阪府堺市、6万平米)立ち上げプロジェクトリーダーおよびサイト責任者、川越FC(埼玉県川越市、5万平米)立ち上げプロジェクトリーダーおよびサイト責任者、関東地区FC(市川、八千代、川越×2、川島)の統括GM、国内FC統括ディレクター(11サイト)、小田原FC(20万平米)立ち上げおよび第二期拡張プロジェクト統括
2016年
アマゾンジャパン退職
2018年
エバーグローイングパートナーズ株式会社 設立
現在、これまでの経験を活かし経営コンサルタントとして講演、研修、コンサルティング活動をおこなう。また、日本の食文化を広めるため、鮨職人としての側面も持つ。

講演内容

佐藤将之はウェビナー(ウェブセミナー・オンライン形式の講演)に対応可能です。オンライン形式の講演実施のサポートをしています。
全職位向け / 働き方改革 / 生産性向上 / 業務効率化
「アマゾンの会議術〜ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法〜」

1週間にどのくらいの時間を会議に費やしていますか?効率がわるいなと感じる会議はありませんか?アマゾンの会議は皆さんが行っている会議とはすこし違うかもしれません。アマゾンの会議は創業者ジェフ・ベゾス氏ら経営陣が生み出した英知が随所にあり、「迅速な意思決定」や 「アイデア出し」、「会議での決定事項の進捗管理」など会議を経験した人なら誰しもが悩む事柄への解決案が散りばめられています。講演では会議を効率化し、生産性を向上を図るための方法を伝えます。

経営者 / 管理職向け
「ウィズコロナ・アフターコロナの働き方〜ニューノーマル時代のマネジメント〜」

コロナ禍をきっかけに職場環境が大きく変わっています。これまでは同じ時間・オフィスで一緒に働くメンバーと直接コミュニケーションをとり、業務進捗や体調などメンバーのパフォーマンスをみることができました。しかし、現在はテレワークで業務をすすめることが多くなっています。また、今後、子育てや介護をはじめ、地方や海外在住など様々なバックグラウンド・働き方を持つ人財をマネジメントする機会が増えていくことは容易に想定できます。 対面でのマネジメントが難しい場合、KGIやKPIなど数字で管理をしていくことはよく言われますが、うまくいかないことが多いのが現状です。原因は正しいKGI、KPIの設定ができていないことに起因します。 講演ではグローバル企業であるアマゾンで実践されている、正しいKGI、KPI設定方法から非対面でメンバーのパフォーマンスをどう管理するかなど、ゴールを達成するためのニューノーマル時代のマネジメント方法を伝えます。

「アマゾンの強さの秘密〜徹底した数字管理とマネジメント〜」
「アマゾンの強さの秘密〜KPIマネジメント〜」

アマゾンの強さの秘密の1つとして、徹底した数字管理があります。売上、人事評価など「数字で目標を決定して、管理する」シンプルなルールを徹底しています。目標の数値化の方法から、進捗管理、達成が難しい状況になったときの対処など、マネジメント層向けにアマゾニアンが実践する、数字管理方法を伝えます。

「アマゾンのイノベーションを支える仕組みづくり〜人財育成とその活用〜」

日々進化を遂げるアマゾン、その進化にはアマゾンのビジネスモデルの在り方が大きく関与しています。そのビジネスモデルを支える仕組み、またそれを運用する人財。どのように人材を採用・育成し、その人財をどのような仕組みの中で活躍させることが効果的なのか、そのすべてを伝えます。

「アマゾンの成長を支える人財〜世界中から優秀な人財を確保し活かす仕組み〜」

アマゾンの成長を支えるのは人財です。どのような人を採用し、どのように評価しどのように育成するのか。14か条の リーダーシップ理念を中心とした採用・評価基準、また横並びの育成ではなく、能力をさらに伸ばすためのリーダーシップ研修の進め方など、ベンチャーから20年ほどでグローバル企業へと成長したその人財活用術をお伝えします。

全職位向け
「アマゾンの成長を支えるルール〜Customers Rule! お客様が決める〜」

90年代に書籍ECサイトとして生まれたAmazon.com。現在ではモノだけでなく、AWSなどITインフラ事業でも圧倒的なシェアをもっています。私達の生活には欠かせない存在となったアマゾン。成長の裏にはすべてのアマゾン社員(アマゾニアン)に浸透しているルールが あります。講演ではこれまでの経験から、アマゾンが成長した理由をお伝えします。

「アマゾンのイノベーションを支える仕組み〜いい失敗の仕方〜」

日々進化を遂げるアマゾン、その裏では非常に多くの失敗を重ねてきています。失敗することは悪くない、その失敗から何を学び、次にどう伝えていくのか…?挑戦や変化を恐れず、イノベーションを興す組織をつくるために、ベゾスの考える「いい失敗の仕方」とはどのようなものなのかを、様々な事例を用いてお伝えします。

管理職 / 一般社員向け
「アマゾンのリーダシップ〜14カ条の理念〜」

マネージャーとリーダーは異なります。マネージャーは組織を管理する人。対してリーダーは現状を大きく飛び越えて、組織を引っ張り上げる人と言えます。では、アマゾンのリーダーたちはどのような理念で行動し、成果をだしているのか?ジェフ・ベゾスと経営コアメンバーが考えた、14カ条理念を基にアマゾンのリーダーシップを実例を基に伝えます。

「パワーポイント無しの会議術〜文章にすれば問題は解決する〜」

アマゾンの会議ではパワーポイントが使われることはほとんどありません。それはパワーポイントの便利さ故の問題に起因しています。どうすれば会議に参加している全員が同じ方向を向き、また何を決定し、何を達成すべきかを理解するには文章にすることが近道であるとアマゾンは考えます。そのシンプルかつ効果的な手法をお伝えします。

物流 / 流通業界向け
「アマゾンのすごい物流〜流通総額1兆8000億円を支える仕組み〜」

今や日常生活には無くてはならないアマゾン、そのビジネスを支えるのはフルフィルメントセンターを中心とする物流の仕組みです。そのプロセスとそれを支えるメトリックス(KPI)、そして日々進化を続ける改善の仕組みを皆さんにお伝えします。

安全大会向け
「アマゾンの物流を支えるSafety First~安全を維持する仕組みと組織~」
「アマゾンの成長を支えるSafety First~当事者意識を持って安全な職場環境をつくれる人財が成長のカギ~」

国内流通総額1兆5000億円を超えるアマゾン。指定日にきちんと商品が届く裏には、Fulfillment Center(以下 “FC” ) と言われる自社倉庫をはじめとする巨大物流網の存在があります。そこで最も優先されること。それは「安全」です。アマゾンが徹底する安全を維持する仕組みと組織体制を伝えます。

研修内容

研修時間:120分~
経営者 / 管理職
会社を成長させる仕組み作り~アマゾンのKPIマネジメント~

会社を成長させるためには、業務の見える化が重要です。広く知られているKPIマネジメントですが、そもそもKPIの設定が間違っているなど、十分に活用できていないケースが多く見られます。本研修は部門やチームのパフォーマンス管理をするミドルマネージメントからリーダーや管理者の方を対象に、KPIの作り方や管理方法など、アマゾンが実践するメトリックス(KPI)マネージメントを基礎から学び、業務を見える化するスキルを身につけます。

会社を成長させる仕組み作り~アマゾン流目標管理~

KPIが設定されたあとは、それを達成するための目標管理が必要です。本研修は部の目標管理から部下の成長支援までを行う管理職の方を対象に、アマゾンが実践する目標管理メソッドを学びます。個々のゴール(KPI)を会社のゴール(KGI)に紐づけることにより、個々の成長を組織の成長に紐づけます。企業や人事システムを問わず明日から実践出来るチームや部下の目標管理手法を身につけます。

経営者 / 管理職 / 新規事業の立案責任者から各種プロジェクト立案者の方
会社を成長させる仕組み作り~アマゾンの「Working Backwards」メソッド~

なぜ、アマゾンは先進的な企画を次々に生み出すことができるのか?新規事業の立案責任者から各種プロジェクト立案者の方を対象にアマゾンが実践する新規事業立案時のフレームワーク、「Working Backwards(ワーキングバックワーズ)」を学びます。

経営者 / 管理職 / リーダー職
会社を成長させる仕組み作り~アマゾン流会議術~

会議を主催する担当者及びリーダー、管理者の方を対象に、現状の会議の在り方を見直し、効率の良い会議運営とアウトプットを目指します。オンラインにも対応可能な手法を学べます。会議を効率化し、生産性を向上を図るための方法を学びます。

実績

講演

日本生命保険相互会社 / プルデンシャル生命 / NTT西日本 / 関西電力  / ENEOS / 静岡銀行 / 内外情勢調査会 / 東芝テック / IHIエスキューブ / テルモ / ダイハツ工業 / 東洋エンジニアリング / 明光ネットワークジャパン / リクルートライフスタイル / NTTコムソリューションズ / キヤノンシステムアンドサポート / ユーザックシステム / ソフトクリエイトホールディングス / イムズ / 日本アクセス / ユアサ商事 / 新建新聞 / 熊日新聞 / 青森県 / 岐阜県 / 岡山県 / 山口県 / 豊橋市 / 日本青年会議所 / 東京都中小企業振興公社 / 中部産業連盟 / 岐阜地域広域圏協議会 / 宮崎県経営者協会 / 茨城県経営者協会 / 群馬県中小企業団体中央会 / 愛知県経済農業協同組合連合会 / 日本電気労働組合 その他多数

インタビュー
コラム
テレビ

テレビ朝日

大下容子ワイド!スクランブル

受講者の感想

講師の方の説明が分かりやすく、リーダーの役割、心構えについて十分学ぶことができた。このセミナーで学んだことを今後の自分の業務に役立てようと思います。
社内で新規ビジネス創出のミッションを担っているが、イノベーションを支える仕組み、プレスリリースのポイント、KPI の重要性、注意すべき点など、多くの事を教えて頂いたので、社内で活かしていきたい。
イノベーションの事例研究として、書籍等を通じてアマゾンの取組みを理解したつもりだったが、書籍には記載がない新たな情報や背景を聞くことができて、大変参考になった。
もっと見る

書籍情報

アマゾン式 変わり続ける力(大和書房) amazonのすごい会議: ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法(東洋経済新報社) アマゾンのすごい問題解決(宝島社) 1日のタスクが1時間で片づく アマゾンのスピード仕事術(KADOKAWA) アマゾンのすごいルール(宝島社) Amazon真の強さの理由

お気軽にお問い合わせください。

各プロフェッショナル講師への講演、取材、コンサルティング、その他のお問い合わせはこちら。
電話でお問い合わせ
03-6412-8297
電話でお問い合わせ
03-6412-8297
WEBでお問い合わせ
講師一覧
TEL
お問い合わせ