梅原千草プロフィール

梅原千草プロフィールページのメインビジュアル

「Crew is No.1 Attraction!」。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で働くクルーの在り方を表す言葉だ。ゲストに対するクルーの積極的なコミュニケーションは、感動や驚きを生みだす。クルーの存在そのものが最高のアトラクションになり得るという意味である。そのためには、親切丁寧さだけでは刺激が足りない。常にU(ユニーク)、S(スマート&スマイル)、J(ジョイフル)を意識し、チャレンジ精神を持ちコミュニケーションを取り続ける必要がある。この失敗を恐れず挑戦しようと思う風土の醸成要因の一つがUniversal Academyと呼ばれる社内大学の存在だ。誰もが活躍できる、自ら行動できる人材と組織を作ることを目的に創られた。このUniversal Academyの初代学長が梅原千草である。USJの新入社員1期生として入社した梅原は、主に人事領域でUSJの様々な時代を経験した。驚異的な復活を遂げたUSJだが、人材育成や組織風土造りにおいては、混乱期、変革期に取り組みを行った梅原のような存在が大きいのではないだろうか。

梅原千草のプロフィール写真

梅原 千草 うめはら ちぐさ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 元人材開発マネージャー
Universal Academy初代学長
株式会社SmiLearn代表取締役

USJ立上げ期~混乱、安定、発展期と流れを経験し、組織の変化とともに自分自身の変化が求められる中、試行錯誤をしてきました。その中で様々な挑戦と挫折を経験しながら、どうすればより良い組織、より成長する組織になるのか?を考えてきました。心理的安全性という言葉を耳にしますが、決してゆるい 組織が求められているという意味ではなく、安心と同時に興奮も得られる組織が求められていると思っています。個人として、上司として、経営者として、安心と興奮を得る、与えるためには何が必要なのか?経験談をお話しながら、一緒に考え、「どうせ働くなら楽しもう!」と思っていただけるような時間をご提供させていただきます。

梅原千草

経歴

2000年
合同会社ユー・エス・ジェイ入社。関西大学卒業後、新入社員1期生として入社し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのグランドオープンに携わる。開業後はアトラクション(Terminator2:3D、BackDraft)の運営責任者として運営戦略立案、従業員教育、顧客満足度向上に取り組む。
2002年
同社人事部へ異動。数千名規模のアルバイト確保に向け、採用から教育、制度構築を担当。大量採用の仕組み作りやI’ll be back制度、永年勤続表彰などユニークな制度も導入する。また、新卒及び中途採用において、企業ブランディング作りから仕組み構築、実行までを責任者として取組み、年間数千名を超える応募者の募集、選考を実施。その他、組織開発やダイバーシティ促進、従業員満足度向上へ取り組む。
2010年
ユー・エス・ジェイ社内大学(Universal Academy)を創設。誰もが活躍できる、自ら行動できる組織作りを目的とし、経営陣を巻き込みながら、スキルUP研修や風土醸成ワークショップ、組織横断型のプロジェクトを次々と導入する。責任者として運用を行い、従業員のSwing the bat!を促進する基盤を作り上げる。変革期の組織における唯一の人事女性マネージャーとして、幅広い分野で活躍。
2015年
SmiLearnを設立。より多くの働く人や組織を元気にすべく、「働くことをおもしろく」をモットーに、法人・自治体・教育機関にて、人材開発コンサルタント及び研修・講演講師として活動している。個と組織の可能性は無限大!と実感できる講演が好評で、高いリピート率を誇っている。

講演内容

梅原千草はウェビナー(ウェブセミナー・オンライン形式の講演)に対応可能です。オンライン形式の講演実施のサポートをしています。
全職位向け
「ゲストの思い出に残るサービスとは~クルーの存在が1番のアトラクション~」
「顧客体験(CX)を売る~自ら考えて行動するクルーの力~」

サービス力を高め、体験価値を売ることは、あらゆるサービス業において不可欠なことです。ただ、期待値の高まり、多様性の受容、忍耐力の低下、モノからコトへの移行の現代において、満足を感じてもらえる場を作るのは難易度の高い仕事ですね。そして、マニュアルで教えられることには限りがあるため、組織としても悩ましい問題ではないでしょうか。USJには、マジカル・モーメント(奇跡的な瞬間)を創り出そういう考え方があります。大事にしているのは、ひとりひとりが、目の前の人に対して、何が求められているのかを考え、やってみること!正解のない、答えのないものへの挑戦について、USJでの経験、様々な企業と取り組んだ経験などをお伝えいたします。

「V字回復に必要な変革マインド~挑戦と遊び心が仕事に潤いを与える~」
「元USJマネージャーから学ぶ仕事術 ~脱優等生。凹凸を魅力に~」

私のモットーは「どうせ働くなら、楽しまなきゃ損!」。USJの立ち上げ期、混乱期、安定期、変革期…様々な困難に出会ってきました。その中で学んだこと。目の前の出来事は、自分では変えられないことも多いかも知れません。でも、その出来事をどう見て、何を考えるかは自分で決められます。視点は変えられ、行動は変えられるということ。決定権は自分にあるということです。今のUSJは絶好調かも知れませんが、全ての会社、全ての働く人と同じく、紆余曲折があって今があります。どんな挑戦をしてきたのか?の経験をお話させていただき、どうせ働くなら楽しもう!と思えるお時間をお届けいたします。

「元USJマネージャーから学ぶ組織を変える職場コミュニケーション~周囲を巻き込み組織を強くする」

何かをやりたいと思ったとき、必ずしも、組織や周囲が味方になり、サポートしてくれるとは限りません。でもひとりでは実現できないことが多い…だからこそ、人とのコミュニケーションが大事で、仕事って面倒くさくて、面白い。役職や年齢や勤続年数などの壁を越えて、いかにポジティブに周囲を巻き込んでいくか?この力が養われることで、どんな環境でも、自分らしく働き、自分らしく成長し、自分がやりたいことの実現へと繋げられるのではないでしょうか。パーク立ち上げ期の挫折やUSJで立ち上げた社内大学の経験談などを交えながら、突破していく力についてお伝えいたします。

管理職向け
「組織に変革を起こす人材マネジメント~USJのV字回復を支えた組織づくりとは~」
「凹凸は魅力。多様な個性を活かす人材育成術~自ら考え、動き、挑戦する人材を育てる~」

変化の激しいVUCA時代を生き抜くためには、企業としてチャレンジすることが求められます。ただ、チャレンジは時として、反対勢力や大きな不安が生まれるもの。経営陣の強いリーダーシップを活かしつつ、ネガティブな感情へも向き合い、置いてけぼりにならないよう、従業員へのフォローの仕組みを作ることも大事です。V字回復をするということは、あらゆる社内の声が生まれます。多様な声を活かし、多様な人材を活かす組織。組織として「人」を活かすヒントを1つでも持って帰っていただけるよう、失敗も多数ではありますが、USJでの経験、多くの企業でのコンサルティング、研修経験をもとにお話をさせていただきます。

中学生・高校生向け
「キャリア教育セミナー」
「修学旅行セミナー」

中高生向けのキャリア教育セミナー、修学旅行セミナーも実施しています。

修学旅行セミナーページはこちら

実績

講演・研修

大阪ガス / HEPファイブ / アーバンリサーチ / UGG / アフラック生命保険 / ニチリン / ダイシン物流 / 住友ゴム工業 / 池田泉州銀行 / サトフードサービス / ニッソーネット / タマダ / 大阪エル・シー・センター / メルパルク / 関西スーパーマーケット / シマナカ / グリーンホスピタルマネジメント / ヒルトンホテル / 芝パークホテル / 富士屋ホテル / 中央砕石 / メディネット / 京都セミコンダクター / 大阪ベイタワー / ひかりメディカルグループ / 医療法人大寿会 / あおば福祉会 / 福知山モノづくり育成塾 / 京都府北部福祉人材 / 京都府福祉人材サポートセンター / 京都府保健事業協同組合 / 河北研修協議会 / 京都ジョブパーク / 熊本市人材育成センター / こうち人づくり広域連合会 / 公益財団法人山口県ひとづくり財団 / 滋賀県政策研修センター / 自治講究会 / 泉北三市研修協議会 / 中部都市研修協議会 / 鳥取県職員人材開発センター / 兵庫県自治研修所 / 福知山ジョブパーク / 芦屋市 / 尼崎市 / 大阪市 / 吹田市 / 豊中市 / 西宮市 / 東大阪市 / 大津市 / 宮崎市 / 鳥取県北栄町 / 関西外国語大学 / 近畿大学 / 甲南大学 / 神戸女学院大学 / 龍谷大学 / 財団法人大学コンソーシアム京都 等多数 その他多数

お気軽にお問い合わせください。

各プロフェッショナル講師への講演、取材、コンサルティング、その他のお問い合わせはこちら。
電話でお問い合わせ
電話
03-6412-8297
電話でお問い合わせ
電話
03-6412-8297
メール
WEBでお問い合わせ
講師一覧
TEL
お問い合わせ