田内学プロフィール

田内学

著書『きみのお金は誰のため』(東洋経済新報社)
「読者が選ぶビジネス書グランプリ2024」
総合グランプリ 及び リベラルアーツ部門第1位 受賞

ゴールドマン・サックスで16年間活躍した金利トレーダー 田内学が資本主義のど真ん中で確信したこと。それは「お金は偉くない。そして経済は、お金でなく人を中心に考えないといけない。」という考えです。これまでのキャリアを考えると意外に感じるかもしれません。しかし、これは道徳的な話をしているのではなく、現実を踏まえ論理的に導き出された結論です。 経済や金融について考えるとき、専門用語や複雑な概念に困惑して、具体的な理解を得るのが難しいことが多いです。細かいところは分からないけど、世間の雰囲気からマズい状況だと“感じている”のがほとんどではないでしょうか。しかし、田内学の視点を借りると曖昧で混沌とした風景が明瞭になってきます。そして、ビジネスでの選択肢や日々の生活でのお金に対する不安、社会課題の解決策が見えてくるでしょう。もちろん、一筋縄ではいかない問題が多いですが、複雑に絡み合った結び目が解けていくように感じられるはずです。私たちは一度、立ち止まり、改めてお金のことを学ぶ必要があるのかもしれません。 田内学は現実主義者です。一見、冷たく見えるかもしれません。しかし、その冷たさは表層的なもので、考えと行動には暖かさと人間への深い配慮があります。

田内 学プロフィール写真

田内 学 たうち まなぶ

お金の向こう研究所代表
社会的金融教育家
作家
元ゴールドマン・サックス金利トレーダー

経済とは、経世済民の略で、本来は「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」という意味があります。 民をすくうことを目的にしていたはずなのに、お金自体を目的にすることが増えている現代社会。 しかし、お金は人々の生活を豊かにするための道具でしかありません。経済を捉えるときに財布の中のお金のやりとりだけをみていると、財布の外側にある人々の営みが見えなくなってしまいます。そうなると円安がいいのか円高がいいのか、デフレがいいのかインフレがいいのかよくわからなくなってしまいます。 お金の流れに目を向けながら、人を中心に経済を捉え直すことで、私たちが何を目指すべきかを考えていきたいと思っております。

田内学

参考動画

経歴

1997年
灘高等学校卒業
2000年
ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト 東京大学代表 アジア大会入賞
2001年
東京大学工学部機械情報工学科卒業
2003年
東京大学大学院情報工学系研究科修士課程修了。ゴールドマン・サックス証券株式会社入社。以後16年間、日本国債、円金利デリバティブ、長期為替などのトレーディングに従事。日銀による金利指標改革にも携わる。
2019年
ゴールドマン・サックス証券 退職
2021年
著書『お金のむこうに人がいる 元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが書いた 予備知識のいらない経済新入門』(ダイヤモンド社)を刊行。
2023年
著書『きみのお金は誰のため: ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」』(東洋経済新報社)を刊行。現在は金融教育家として活動中。

講演内容

田内学はウェビナー(ウェブセミナー・オンライン形式の講演)に対応可能です。オンライン形式の講演実施のサポートをしています。
中学生 / 高校生向け ※高等教育機関対応可
「きみのお金は誰のため〜お金を知れば、自分の役割も見えてくる〜」
「未来をどう生きたいか?~お金と社会から考える高校生のキャリア教育~」

私たちはお金という道具を使って、人々がつながり、社会を築いています。しかし、お金についてのあいまいな知識や認識が原因で、時々大きな失敗をしてしまうことがあります。この講演では、中学・高校生向けにお金や金融の仕組みを理解し、自分たちの暮らしや社会に関して、お金を通じて深く考える機会を提供します。さらに、生徒たちが豊かな人生やより良い社会を築くために、そして、自己実現のための積極的な行動を取るよう促します。また、学年に合わせて伝え方を変えます。分かりやすく金融や経済の仕組みを理解することができます。

※本講演は金融広報中央委員会が作成した金融教育プログラムの4分類と分野目標の内、「金融や経済の仕組みに関する分野」「キャリア教育に関する分野」の2分野を包括的にフォローしています。

【参考資料】 金融広報中央委員会『金融教育プログラム 学校における金融教育の年齢層別目標【改訂版】(令和3年3月発行)』 P2 参照

全職位向け
「お金のむこうに人がいる~お金の認識を変えてビジネスと生活に活かす~」

「お金」に対する認識を根本から見直し、ビジネスや生活に活かしませんか?本講演はお金と経済の深層を探る講演です。年金問題や財政問題、通貨安によるインフレ等、日本経済の未来に対する漠然とした不安の原因を理解し、それらに向き合うための具体的な策を明らかにします。そして、お金は人生のゴールではなく目標達成の道具であり、問題解決の主役は人間であるという、お金に対しての新たな認識を得ることができます。金融や経済の仕組みと自身が社会とどう繋がっているかを理解し、ビジネスや生活に活かす視点、考え方を身につけることができます。

一般市民向け
「お金と日本の財政問題の根本を考える」
「これからの日本経済」

ニュースや新聞は暗い気持ちになる話題ばかりです。年金問題を筆頭に私達、そして、子や孫たちの暮らしはどうなるのでしょうか?漠然とした不安に囚われ、とりあえず備えているという方が多いのではないでしょうか?本講演では暮らしを起点に、現在の金融・経済問題を考え、問題の原因を明らかにします。問題を整理することで、漠然とした将来への不安を解消し、最適なライフプランを考えるきっかけを提供します。

実績

講演

富山青年会議所 / 飯能青年会議所 / 自由民主党政務調査会 / 責任ある積極財政を推進する議員連盟 / 金融庁 / 共同通信きさらぎ会 / 賢者の選択リーダーズ倶楽部 / 朝日新聞記者サロン / 日本FP協会埼玉支部 / 日本証券業協会中国地区協会 / 灘高等学校 / 夙川中学高等学校 / 聖光学院高等学校 / 一般企業 その他多数

コラム
インタビュー
オンライン動画メディア
テレビ

テレビ朝日

「グッド!モーニング」「朝まで生テレビ!」

テレビ東京

「秒でニュース180」

フジテレビ

「親子で一緒にまなブーカちゃん~おうちでできる未来の授業~」

ラジオ

TBSラジオ

「テンカイズ」

J-WAVE

「TOKYO MORNING RADIO」「TIME AND TIDE」「KURASEEDS」

k-mix

「東大生 西岡壱誠の西岡ゼミ」

日経プラスワン

「何でもランキング・10代で学びたいお金の知識」

雑誌

VERY(光文社)

関連書籍

書籍情報

きみのお金は誰のため: ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」(東洋経済新報社)祝!累計20万部 お金のむこうに人がいる 元ゴールドマン・サックス金利トレーダーが書いた 予備知識のいらない経済新入門(ダイヤモンド社)祝!累計5万部 10才から知っておきたい 新しいお金のはなし(ナツメ社)

お気軽にお問い合わせください。

各プロフェッショナル講師への講演、取材、コンサルティング、その他のお問い合わせはこちら。
電話でお問い合わせ
電話
03-6412-8297
電話でお問い合わせ
電話
03-6412-8297
メール
WEBでお問い合わせ
講師一覧
TEL
お問い合わせ