安孫子薫プロフィール

ディズニーランドと聞いてあなたは何を思い浮かべるだろう。パーク内のアトラクション、パレードのようなコンテンツを思い浮かべる人もいれば、子供の頃行った家族旅行の光景を思い浮かべる人もいるかもしれない。人により様々だが、ハートウォームなものを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。なんといってもあの世界観。ゲートを潜った時のわくわくする気持ちは、大人になっても変わらない。しかし、最初からあの世界観を創りだせたわけではない。試行錯誤を繰り返して結実したのだ。開業以来30年、ミッションである「ハピネスの提供」を一途に追求しつづけ、計算をしつくした仕組みをつくることにより、あの世界観は生まれたのだ。 安孫子薫は、オープニングからパークの運営に携わり、様々な要職を経験した彼は、ディズニーパークの話を少年のように話す。まさにディズニーおじさんだ。聞いているだけで、嬉しい気持ちになる。そんな人間味溢れる人物だ。

安孫子 薫 あびこ かおる

元東京ディズニーリゾートゼネラルサービス部長 / カストーディアル部長 / ディズニーランド運営部長 / ディズニーシー運営部長 / ディズニーリゾート運営部長

元キッザニア東京副総支配人ディズニーテーマパークのCS(顧客満足)を超えたハピネス提供の多彩な仕組みは圧倒的で異業種の方々にも大いに参考になるものと確信しています。年間3千万人ものお客様を集客するパワーの裏側にはホスピタリティエンターテイメントのリーダーとして揺るぎない「運営哲学」や「人を育てモチベーションを高める仕組み」そして「高品質を支える仕組み」が一貫して形づくられています。長年パーク運営のマネジメントを中心に歩んできた私は常に改善改革に努めてきました。講演ではディズニーでの経験を基にホスピタリティ、美観の価値創造、お掃除と片づけ、現場マネジメント、現場力向上、CS(顧客満足)/ES(従業員満足)向上、人材育成、品質管理、ブランディングなどのテーマを分かりやすくお話しいたします。

安孫子薫
安孫子薫はどなたでも参加できる一般公開セミナーを実施しています。
詳しくはこちら

紹介動画

経歴

1951年
山形県生まれ
1974年
報知新聞社 入社
1982年
株式会社オリエンタルランド 入社
カストーディアル部門(清掃)に配属となり、米国ディズニーランドにてパーク運営の考え方を学ぶ。
1983年
東京ディズニーランド グランドオープン
カストーディアル部門を清掃専門集団からゲストサービス集団へ改革に努め成果を上げる。
その後、ゼネラルサービス部長・カストーディアル部長を務め、ディズニーシー開業に向けた準備、2パーク運営体制の確立を行う。
2002年
東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 運営部長
全アトラクション運営およびゲストリレーション、ゲスト誘導等のサービス業務を行う。
2006年
東京ディズニーリゾート 運営部長
「ディズニーアカデミー」事業、「インフォメーションセンター」「駐車場運営管理」業務を行う。
2007年
株式会社キッズシティジャパン 入社
キッザニア東京副総支配人として、こどもの職業体験施設の運営、営業基盤の整備に努める。
2008年
株式会社チャックスファミリー 設立

講演内容

安孫子薫はウェビナー(ウェブセミナー・オンライン形式の講演)に対応可能です。
オンライン形式の講演実施のサポートをしています。
全職位向け
「ディズニーランドの『おもてなし』の仕組み」~すべてはゲストのハピネスのために〜

ディズニーのミッションは「ゲストにハピネスを提供する」こと。その実現のために一貫した“ディズニーフィロソフィ”と呼ばれるパーク運営の考え方がある。ディズニー流おもてなしの本質を開業時からパーク運営を担ってきた安孫子が経験談を交え熱く語ります。

「ディズニー流 withコロナの現場オペレーション」~安全安心が最優先~

Withコロナ時代の中にあっても東京ディズニーランドとディズニーシーの現場におけるオペレーションは万全な対策が講じられ、キャストたちには感染防止を徹底しながらもディズニー流のいつもと変わらないホスピタリティに満ち溢れる対応があります。そこにはディズニーの一貫した「安全安心が最優先」いう基本的な考え方をベースに、さすがディズニーと思わせる積極的な行動、施策があるからこそです。コロナによりゲストの意識・行動が変化し、安全・安心であることがサービスの大前提になる中、サービスやパークのクオリティを維持しつつキャストのモチベーションを高める方法など、withコロナ時代のビジネスのヒントになる話をします。

「ディズニーランドの品質管理と運営管理~安全安心が最優先~」

ディズニーの“妥協のないサービス”は「毎日が初演」という品質規準がパークの隅々まで生きているから徹底出来ている。安孫子が担ってきたカストーディアル部門は「赤ちゃんがハイハイできるくらい安全で清潔なパーク」を作り上げている。カストーディアルと運営部門経験を基に品質管理とパーク運営の考え方やポイントをわかりやすく話します。

経営者 / 管理職向け
「ディズニーランドの現場力~すべてはゲストのハピネスのために~」

360度のステージでショーが展開されるディズニーパークでは、常に高品質なエンターテイメントコンテンツが要求される。現場のパフォーマンスを最大に保ち、さらに改善を図る「ディズニー・スーパービジョン」こそが現場マネジメントの要だと言える。マネジメントの考え方や視点と実践について経験を基に話します。

「ディズニー流 キャストを元気にさせる仕組み」
「ディズニー流 スタッフのモチベーションを向上させる仕組み」

ゲストのハピネスとキャスト(スタッフ)のハピネスは表裏一体。ディズニーにはキャストが元気になれる仕組みやしかけが豊富に存在している。また、開業当初、嫌悪職種だったカストーディアルがもっとも人気職種に変貌を遂げた過程を取り上げ元気な職場づくりのヒントを提供いたします。

「ディズニーランド“本気のブランディング”」

開業以来6億人達成。ディズニーテーマパークの圧倒的な集客力は徹頭徹尾本気のブランディングの結果だと言える。運営とマーケティングが一体となり、一貫したブラ ンディング活動を行っている。そして、まったく妥協のないサービスは自らのブランドを信頼することから始まった。では、いったい実際にどのような考え方で、どのようなことを行っているのか。ディズニーパークの運営現場とマーケッティングの只中にいた安孫子が体験談と実例を披露しながらディズニーのブランディングの本質に迫ります。

「社会と共に歩む~ディズニーから学ぶCSR~」

ディズニーの運営は、目の前のゲストを喜ばせることは勿論、企業として社会に貢献し、共に成長していこうという想いのもと成り立っています。あれだけ多くのゲストが日々来園される中でも最大限に環境へ配慮した経営、障害者や高齢者の方々に考慮したノーマライゼーションの取り組み等、その他ディズニーでは多くの社会貢献活動がなされています。パークの運営現場を長年指揮した安孫子が実例を交えつつ、その本質、必要性をお話します。

一般向け
「ディズニーとキッザニアに学ぶ、こどもがやる気になる育て方」

ディズニーは「夢を描く力」を育み、キッザニアは「夢を実現する力」を養う。東京ディズニーリゾートとキッザニア東京で運営部門のトップとして仕事をした経験から、パークが単に遊んで楽しむ場所ではなく、親子が一緒に遊びながら学ぶ最適な場所である理由と、親子のコミュニケーションを豊かにするヒントの数々を提供します。

「『お客様の幸せ』のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた」

ディズニーの「おそうじ」は清掃することを目的にしている訳ではない。ゲストの安全を守り、ゲストへのおもてなし、すなわちハピネスを提供することが目的なのだ。オープニングからディズニーランドにかかわる安孫子の体験談をもとにディズニー・ホスピタリティの本質を話します。

実績

講演

トヨタ自動車 / 本田技研工業 / フォルクスワーゲン / BMW / JAIFA東京 / 日本生命保険相互会社 / オリックス生命保険 / ソニー生命保険 / 三井住友海上火災保険 / アフラック / 日本郵便 / ゆうちょ銀行 / 浜松信用金庫 / 焼津信用金庫 / 碧海信用金庫 / 荘内銀行 / 徳島銀行 / イオンモール / 三井アウトレットパーク / イズミ / アイ・ケイ・ケイ / 小田急電鉄 / アサヒビール / 東京ガス / 大阪ガス / リコージャパン / 富士通 / 日本ユニシス / 富士ゼロックス / ソニーマーケティング / 寺岡精工 / 日立オートモティブシステムズ/ パナソニックエコショリューションズ社 / 横浜ゴム / 積水化学工業 / 大和ハウス工業 / ヤマト運輸 / 日菱企画 / コクヨファニチャー/ 阪急阪神ビルマネジメント / 伊藤忠丸紅鉄鋼 / JX日鉱日石エネルギー / 全トヨタ労働組合連合会 / 本田技研労働組合 / ブリヂストン労働組合 / 三菱UFJニコス労働組合 / 資生堂労働組合 / オリンパス労働組合 / マルエツ労働組合 / 中外製薬労働組合 / 国家公務員共済組合連合会 / 大分県 / 香川県 / 刈谷市 / 埼玉医科大学 / 長野赤十字病院 / 帯広厚生病院 / 長野青年会議所 / 指宿青年会議所 / 尾道青年会議所 / 明石青年会議所 / 深谷商工会議所青年部 / 新日本スーパーマーケット協会 / 日本チェーンストア協会 / 東京都農業協同組合中央会 / 高知県信用農業協同組合連合会 / 尾張中央農業協同組合 / ホクレン農業協同組合連合会 / 紀北教育研究会 / 静岡県教職員組合 / 全日本私立幼稚園連合会 / 富山市保育協議会 / 伊勢崎市保育士連合組合 / 北九州市教育研究会 / 紫波郡教育研究会 / 京都府宅地建物取引業協会 / 日本経営教育研究所 / 茨城県経営者協会 / 商業界 / 総本山智積院
その他多数

コンサルタントとして

NTTデータマネジメントサービス / おおたかの森S・C / トレッサ横浜 / ラッシュジ ャパン / アイビー・シー・エス / レイクウッズガーデンひめはるの里 / ベンチャーバ ンク / 京王電鉄 / 東京外国語大学 / 関西新幹線サービック / 北京藍天城EE City

インタビュー

受講者の感想

ディズニーランド開業当時からパーク運営に携わってこられた方の貴重な体験談は大変参考になった。当然ですが、開業時から現在のようなパークがあったわけではなく、大変な努力や苦労があり試行錯誤の結果、現在のパークができあたった。改めて、何のために仕事をするのかを考えるきっかけになった。
アミューズメント施設と業種は違うけれども、ディズニーの哲学や人材育成は共感でき活用できると感じた。
ディズニーのキャストがどうして素晴らしいのか、またなぜモチーベーションが高いのか、それはただディズニーが好きだからではなく理由があり他の企業でも活用できる内容であった。
もっと見る

書籍情報

ディズニーの片づけ(中経出版) ディズニーの魔法のおそうじ (小学館101新書) ディズニーとキッザニアに学ぶ、子どもがやる気になる育て方(総合法令出版) 「お客様の幸せ」のためにディズニーはまず「おそうじ」を考えた(小学館)

お気軽にお問い合わせください。

各プロフェッショナル講師への講演、取材、コンサルティング、その他のお問い合わせはこちら。
電話でお問い合わせ
03-6412-8297
電話でお問い合わせ
03-6412-8297
WEBでお問い合わせ
講師一覧
TEL
お問い合わせ