目黒勝道プロフィール

  • オフィシャルサイト
  • PDF資料ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー元運営部長 安孫子薫
  • 元スターバックスコーヒージャパン組織・人材開発部マネージャー 目黒勝道
  • ザ・リッツ・カールトン大阪元副総支配人 四方啓暉
  • メートル・ドテル 宮崎辰
  • 一流ホテルコンシェルジュ 菊地麻衣子
  • ドコモショップ元全国研修統括責任者 折戸裕子
  • ロッテリア元ダメ店長 植竹剛
  • 元ロフテー株式会社 代表取締役社長 磯貝俊介
  • 株式会社チャックスファミリーマネージャー 高坂麻紀

特別コラム

  • メーテル・ドテル 宮崎辰

特別企画

  • おもてなし・ホスピタリティ講演講師を選ぶポイント
ホスピタリティ人材の育成 元スターバックスコーヒージャパン組織・
人材開発部マネージャー 目黒勝道

スターバックスコーヒー。多くの人に愛され支持されている。中には、近隣にスターバックスがない場合、徒歩や電車を使ってでも行きたい、すなわち、“わざわざ行きたい”という人も多いという。スターバックスの魅力とはなんなのか。人により、コーヒーが美味しい、店内が落ち着く、利便性が良い、など様々だが、スターバックスのすべてが好きという人が圧倒的に多いのではないだろうか。もはや、他のコーヒーチェーンと比較することはなく、スターバックスという独立したマーケットを確立している。なぜそこまでの成功を収めることができたのか。その理由は現場で働くスタッフにある。スタッフ一人ひとりが、自分の仕事に誇りを持ち、やりがいを感じることで、よりよいサービスが提供でき、アイディアも生まれる。それがスターバックスを更に魅力的にさせる。スターバックスに12年間、長く人材育成に携わってきた目黒勝道。スターバックスのマインドや考え方を教え、自立した人材を育てることが目黒の使命だ。自立したスタッフは、お客様に喜んでもらうため、マニュアル以外のことを考え、実践する。自立したスタッフに対して、何の仕事をしているのか、と尋ねると多くのスタッフはこう返すだろう。「私たちは、コーヒーを売っているのではない。コーヒーを提供しながら人を喜ばせるという仕事をしているのです」と。

目黒勝道
目黒勝道 MEGURO MASAMICHI
元スターバックスコーヒージャパン組織・人材開発部マネージャー
「どのようにすれば自ら行動を起こす人材を育成できるのか」。多くの企業で自立を キーワードとした採用や育成を行っています。顧客感動はスタッフ満足があってこそ ですが、スタッフ満足はどこから生まれるのでしょうか。また、自立行動と関係があ るのでしょうか。単に作業としての仕事をはるかに超えたマインドを育み、相手や周 囲に対して、自らの仕事や行動に自信を持って行動・対応できるホスピタリティ人材 の育成には「しくみ・マインド・カルチャー」が不可欠です。これらについてこれま での私自身の体験をもとに、一人でも多くの方が毎日笑顔で仕事に取組み、成長を続 ける一助になればとの想いを込めてお伝え致します。
目黒勝道

紹介動画

経歴

1987年 (株)ヒガ・インダストリーズ ドミノピザ事業部に入社。
ストアマネジャーを経て教育研修部SV、人事総務部 課長に着任。日本初の宅配ピザの創業期において人材育成プログラムや人事評価制度を開発・導入。オペレーション・育成・人事の各領域でビジネス基盤構築に従事。
1998年 店舗運営部 課長に着任。
東日本地区責任者として経営理念実現に向けた人材育成と店舗運営を実践し、年商200億円を達成。
2000年 スターバックスコーヒージャパン(株)入社
店舗運営部 地区責任者を経て、店舗ヒューマンリソース部長、人事サービス部長に着任。店舗スタッフの採用・育成から人事管理システム等のザポート体制を構築。 ミッションマネジメントを支える「グリーンエプロンブック」を導入。また人事システム導入により人事領域の業務効率化に寄与。
2008年 組織・人材開発本部マネジャーに着任。
組織力向上のための人事制度を再構築。ESサーベイ・360度フィードバックを順次導入、新任マネジャー育成とOJT体系化を実践し、カルチャー・マインド・しくみの融合により、マネジメント力向上に寄与。
2012年 (株)クロスカンパニー(現:ストライプインターナショナル)入社
レディスアパレルのリーディングカンパニーとしての成長を支える採用スキーム確立と人事評価・育成制度を再構築。年間350名の新卒採用を実施。
2014年 (株)ランジェコスメティーク入社。
湘南美容外科クリニックのMS法人 コーポレート本部長に着任。美容外科業界での急成長を支えるべく人事制度を再構築。年間200名の看護師採用と育成を実践。ミッション実現に向けCS/ES施策を通じ、スタッフ関係性向上に寄与。
2014年 トリプル・ウィン・パートナーズ 代表
人と企業の成長を支える人材マネジメント領域の研修・講演や人事コンサルテーションを実践。
日本人材マネジメント協会「人材マネジメント基礎講座」講師

講演内容

「スターバックスで学んだ感動体験を生むホスピタリティ 〜私達はコーヒーを売っているのではない~」

「私達はコーヒーを売っているのではない。感動体験により喜びと潤いを提供しているのです。」それがスターバックスで働くスタッフのミッションです。おいしいコーヒーを提供することは当たり前であり、一人ひとりのお客様のニーズを察知し、自分が最大限できることを心を込めて実践することで「また来たい」感じていただけることを目指しています。お客様への想いと自立型の人材育成について、スタバでの体験に基づいてお伝えします。

「スターバックスで学んだ人材マネジメント術〜 スタッフの能力を最大限に発揮させるには〜」

「スターバックスで学んだモチベーション向上術〜 自ら動きだすスタッフ育成術〜」

スターバックスの採用・人材育成・店舗運営を12年間に渡り、実践してきた人事プロフェッショナルが明かす、スタバでの人とサービスのエッセンスとは。なぜスタバのスタッフはいつも笑顔で自ら行動するのか?なぜ現場からアイデアがでてくるのか?スタッフはどんな想いで働いているのか?企業理念を浸透させる秘訣はどこにあるのか?全ての企業に応用できるスタバ流の人材マネジメントを自らの体験を通じてお伝えします。

「スターバックスで学んだ真のリーダーシップ 〜チームのパワーを最大限に発揮させるには〜」

スターバックスのスタッフの強さは、自ら考え、判断し、行動し、お客様に感動体験を提供することにあります。そして個のパワーをチームに活かすことで成果を生んでいます。チームのパワーを最大化するためのリーダーシップとは何か。求められるスキル・能力とは何か。具体的な事例やスキルについて自らの体験を通じてお伝えします。

「スターバックスで学んだ自ら動くチームの作り方 〜組織を強くする仕組み〜」

「スターバックスで学んだ職場のコミュニケーション 〜コミュニケーションが職場を変える〜」

スターバックスでは感動体験を通じて人々の潤いを与えることを目指しています。多様な人が集まる中で一つの目標に向かい、相互に助け合い、意見を交わすことで一体感が生まれ、強固なチームになっていき、スタッフ一人ひとりが働きやすい環境作りに取り組むことで、結果としてお客様に喜んでいただけるサービス提供につながることになります。このような強固なチームをつくるための秘訣やコミュニケーション方法についてスターバックスの考え方だけでなく、具体的な体験に基づいたエッセンスをお伝えします。

実績

<講演>

  • アカデミーヒルズ / リクルートコミュニケーションズ / マイナビ / NTT ドコモ / ファミリーマート / イズミ / アトレ / リコージャパン / 東京急行電鉄 / 相模鉄道 / メガネトップ / JA全農 / JA共済連 / ゆうちょ銀行 / 静岡銀行 / セガ / 三菱電機 / いなげや / イシダ / 東芝テック / 日本生命保険相互会社 / フィデリティ投信 / 損害保険ジャパン日本興亜 / センチュリー21・ジャパン / LIXIL / JR九州ビルマネジメント / 三協アルミ社 / 富士通マーケティング / タカラベルモント / 森ビル / 荏原環境プラント / 東京海上日動火災保険労働組合 / ファミリーマートユニオン / 全国マツダ労働組合連合会 / HRプロ / フォスターリンク / 日本の人事部HRクラブ / SHRM研 / シェイク / 日本人材マネジメント協会 / 情報システム・ユーザー会連盟 / 日本女子プロゴルフ協会 / 東京都庁 / 武蔵野市 / 四国中央市 / 長浜青年会議所 / 越谷市青年会議所 / 富山商工会議所 / 高槻商工会議所 / 麹町法人会 など他多数

書籍情報

  • フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる心理学
  • オフィシャルサイト
  • PDF資料ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 講演までの流れ